業務を快適にこなせるオフィスデスクの選び方を要チェック!

選定時に確認しておくこと

信頼性を重要視する

清掃

会社や店舗の規模が小さいうちは社員やスタッフが清掃作業をするのが一般的ですが、規模が大きくなるとオフィス清掃業者に委託することが多くなります。
オフィス清掃で職場の環境を清潔に保つことは、社員のやる気を引き出すため、顧客を向かえる際にも必須のことと言えます。
これから、業者に清掃作業を依託しようと考えている経営者や担当者の方は、料金が安いというだけではなく、信頼のおける業者を選択することが大切です。
オフィス清掃業者のスタッフは、社員以外が立ち入れない場所でも清掃作業をします。
顧客情報、企業のサービスや製品の情報など外に漏れてはいけない情報などもあるでしょうから、業者を選ぶときはまず第一にチェックをしておきたい点です。
これは、業者の創業からの年数や取引先企業の多さなどから判断できるでしょう。
業者のホームページを見れば、創業年は企業情報に記載されていますし、取引先の企業も確認できるはずです。
それに清掃作業中に社内や店内の器物が破損したときのことを考えて、業者が保険に加入しているかも見ておきたい点です。
大半の業者では損害賠償保険に加入しているはずですが、念のために問い合わせのときに尋ねておくといいでしょう。
この2点をみて、業者の提供しているメニューや料金を比較していくと、優良なオフィス清掃業者が選択できることでしょう。
業者では日常清掃以外にも月に1度、半年や1年に1度など期間を定めた定期清掃のメニューもあります。
優良なオフィス清掃業者を選ぶと、専用の機材とテクニックで見違えるほど社内や店舗内を清浄にしてくれることでしょう。

不動産会社で手配する

窓ふき

不動産会社ではオフィス用として募集している物件がある場合、新しい入居会社が決まるまで、状態をキレイにしておく必要があります。
いつでも内覧できるように、専門業者にオフィス清掃をしてもらいましょう。
この手の業者はたくさんあります。
この場合は、不動産会社の方でオフィス清掃業者を手配します。
ところが、入居が決まってから自分たちの思うようにしたいということで、入居会社が手配をすることもあるのです。
つまり、リフォームを行いがてら、オフィス清掃業者も独自で契約することがあるというわけです。
このようにすることも、もちろん、不動産会社との契約の上なら行うことはできます。
いずれにしても、オフィスとして使用する物件は、常に使い勝手が良く、キレイな状態にしておくことが大切です。
来客時などにも恥ずかしくないように清潔にしておきましょう。
それから、高層ビルにたくさんのオフィスが入っているというオフィスビルもあります。
このような場合には各会社が清掃を頼むのではなく、ビルの管理会社が一括してオフィス清掃業者に頼むものです。
よって、業者は上から下まで一気に掃除をすることになります。
毎日行うこともあれば、定期的に行うこともあります。
もちろん、費用は掃除の回数によって異なるので、契約の際、きちんと取り決めておきましょう。
また、オフィスによっては各フロアに掃除道具が設置されていることもあります。
各オフィスが清掃することもあります。

業者を選ぶときのポイント

スポンジ

ある程度大きなオフィスとなった場合、オフィス清掃業者を委託してオフィス清掃を行ってもらうのが主流です。
オフィス清掃業者を選ぶとき、比較すべきポイントはいくつかあります。
料金を比較するのは当然で誰もが思いつきますが、料金はどのような清掃を頼むかによっても大きく変わります。
また費用もかなりピンキリなので、一概に費用相場を出すことは困難です。
費用以外にも様々な比較ポイントがあります。
一つ目が業者の信頼性です。
オフィス清掃時は、事務室などのプライベートなフロアにも入ります。
清掃する側に悪意があれば、個人情報や金目のものを盗んだり持って行ったりすることも可能です。
そのようなことがないようにきちんと教育されているか、万が一の破損や盗難があったときの保証があるかをチェックしておきましょう。
創業年数や過去の取引実績も参考になります。
長年の実績がある業者はやはり信頼性は高いといえます。
二つ目が得意分野です。
清掃業者はすべて同じように見えて、実は得意分野が異なっていることが多いです。
水回りが得意な業者、外壁洗浄が得意な業者、フロア清掃が得意な業者など様々です。
日常的なオフィス清掃を依頼したいのならば、フロア清掃が得意な業者がよいですし、水回りが多いのならば水回りに重点をおいて選ぶとよいでしょう。
また、清掃する時間帯を指定したいときは、その点も考慮して比較検討しましょう。
見積もりをとるときに細かく問い合わせてみるのがおすすめです。