業務を快適にこなせるオフィスデスクの選び方を要チェック!

スペースに合わせて選択

おすすめの選び方

オフィス

オフィスデスクを買い求める場合、どういった点を重視して選んでいけばよいでしょうか。
作業として何を机に置きたいか、収納はどれくらいいるかというようなことは思い浮かぶと思いますがチェックしていく内容には優先順位があります。
まずはオフィスデスクを設置するスペースの確認です。
作業として机の上で何をやりたいのか、パソコンを置くのか書類作業スペースなのかはっきりさせ、かつ所定のスペースにいくつのオフィスデスクが必要か明確にします。
なぜならオフィスデスクの奥行きや幅に関して用途に合わせて標準的な規格が存在するからです。
スペースがわかったところでオフィスデスクのタイプを決めていきます。
手元にキャビネットがあるかないかのパターンから、そのキャビネットが可動式か、はたまた片方だけなのか両方に設置されているものかなどいくつか定番となる種類があります。
なお、その席を使用する人の作業量、書面等の保管量などを考慮したうえで選定していきます。
ですが前提となるスペースに合わせるのは必須条件です。
スペースが重要視される理由の一つはオフィスデスクの設置によってデスク間の通路や共有キャビネットが圧迫されてしまうケースがあるからです。
方によっては並列に置く、または向かい合わせて置くことにより作業効率化や省スペース化を図れるタイプもあるので一つ選定のポイントとなるところでしょう。
長時間使うものなので色合いなど視覚的な疲労なども考慮し働きやすいオフィスとなるようオフィスデスクを選んでください。

デスクの種類の選び方

デスク

事務所に置くオフィスデスクを選ぶ場合には、ワークスタイルや事務所のレイアウトなどを考慮することが大切です。
オフィスデスクは種類や大きさによって、機能が異なってきますので、最適なものを選ぶことで効率のいい仕事を行うことができます。
オフィスデスクの種類は、大きく分けて三種類があります。
一つは平デスクと呼ばれるもので、袖のないシンプルなデスクです。
収納スペースがありませんので、足元が広く使えます。
必要に応じてインサイドワゴンなどを加えることで事務所に合ったレイアウトにカスタマイズすることができます。
席の移動やレイアウトの変更などを頻繁に行うような事務所の場合には、平デスクの方が移動させやすくレイアウトを変更させやすいメリットがあります。
また、一般的なオフィスデスクとしては片袖デスクがあります。
片側に鍵機能のある袖引き出しがついたデスクで、平デスクとインサイドワゴンをセットで購入するよりもコストを抑えることができます。
平デスクのように簡単に動かすことはできませんが、プライバシーを保護することができます。
さらに、両側に袖引き出しがついた両袖デスクもあります。
収納スペースもさることながら、作業スペースもかなり広くなります。
その分だけオフィスの中でスペースが必要になりますので、管理職などのデスクとして活用されます。
このように、目的に応じてオフィスデスクの種類を選ぶことが、事務効率向上に役立ちます。

オフィス用品の準備

オフィス

オフィスデスクなどのオフィス用品を準備する場合、インターネットを利用して準備する事も1つの手段です。
ネット通販では様々な会社が多くの種類のオフィスデスク等を販売しているので、様々比較検討出来ます。
またネット利用により実際に店舗に見にいく時間や手間を省く事も可能です。
まずネット利用ではどのようなオフィスデスクが必要か、イメージをしておく事が大切です。
これはオフィスの雰囲気や色合いとマッチしなければなりませんので、最も重要な作業となります。
色の他に材質や形、大きさです。
このイメージを持った後にオフィス用品を販売している業者の中で選定をします。
イメージ通りのオフィスデスクがあればそれを注文しますが、注文の際にはいつ届くのか、また組み立て式であれば組み立ててもらえるのか、さらに領収証が発行してもらえるのかをしっかり確認しておく事が重要です。
これ以外にネットでは画面と実際の色が違う、イメージが違うという事も想定されます。
この場合は返品がきくのかなども確認する事が大切です。
疑問点をしっかり解消してからの注文が大切です。
流れとしてはどのようなオフィスデスクを注文するのか、業者の選定を行い、業者が決まれば注文、指定日に受け取る事になります。
なお、ネット通販ではネットのみで販売しているものもあれば、業者やメーカーによっては実際の店舗で販売しているものをネットでも販売している場合もあり、ネットの方が安い場合もありますので、利用価値は高いと言えます。