業務を快適にこなせるオフィスデスクの選び方を要チェック!

ストレスの少ないオフィス

音にも配慮する

メンズ

オフィスには様々な形があり、業態によって求められる機能も異なります。
スタッフの人数、来客の有無により備えるべき設備も変わります。
どのような点に注意してオフィスデザインを組み立てれば仕事の作業効率をあげる事ができるのでしょうか。
まず始めに考えなければならないのはオフィスの面積です。
広いに越したことはありませんが、一般的に借りる面積が増えれば賃料も上がります。
オフィスの賃料は毎月掛かる固定費なので、できるだけ抑えておきたい支出です。
また、オフィスの空間が広がれば光熱費もよりかかるようになります。
数名のスタッフしかいないのにフロア全体の空調を稼動させるのはもったいないのです。
オフィスの広さが決まったら、次に備品の準備をしましょう。
事務机、書類棚などはカラーとサイズを統一した方が美しいオフィスデザインになります。
グレーやオフホワイトが無難だと好まれてきましたが、最近ではビビッドカラーのイスも販売されています。
このようなカラフルなアイテムを差し色として取り入れると空間が明るくなり、スタッフの気持ちを高める効果も期待できるのです。
しかし効率よく仕事をするためのオフィスデザインにおいて、色以上に重要なのがスタッフの配置です。
集中力が求められる入力作業や照合作業を行う担当者の隣で、営業担当者が電話をかけ続けていては作業効率は落ちてしまいます。
発生する音も考慮してオフィスデザインを計画するとよいのです。

機能的そして効率的

社内

バブルの時代には、オフィスデザインを変更する手段として、少しでも華やかな現代的なイメージにすることを主眼に取り組んできた背景があります。
そのため、自社ビルなどを持つ企業も多く、オフィスデザインも自由自在に組まれていることが多かったのです。
とにかく広くがモットーで、広いオフィスほど好まれた時代なのです。
しかし時代は変わり効率化になっています。
データを取扱うのが一般的になっているため、オフィスに書類などを保管する専用スペースも必要なくなっています。
より効率的に仕事ができるような環境を求めることが今のオフィスデザインの設計のコンセプトになっているのです。
機能的にすることでコスト的なメリットも加えることができます。
オフィスに関わるコストは固定費として計上されることになります。
できる限り固定費を削減することこそ今のオフィスのスタイルなのです。
スペースは狭くなりますが、アドレスフリーなどのアイデアを入れることで効率的にオフィスを使用することができるようになります。
専用のオフィスデザイン設計会社に依頼することも多くなっています。
実績と経験から、企業担当者が気づかないようなアイデアを出すことも可能になっているのです。
どの程度のオフィススペースがあれば、十分なのかを企業の業種や形態によって算出することも可能になっています。
これにより無駄なスペースを排除し、徹底したコスト管理につなげることが可能になるのです。

無駄を排除し最適化

男の人

現在のオフィスデザインは無駄なスペースを排除し、デッドスペースをなくすことで家賃コストを安くしようという考え方が主流になっています。
自社ビルではなくテナントなどに間借りすることで必要なスペースのみを賃借できることが最大のメリットになっています。
事務スペースと保管スペース、そして会議スペースがオフィスには存在します。
オフィスデザインを考える上でこの三点をいかに効率的に設計するのかがポイントになります。
まず事務スペースです。
日中オフィスにいない営業はスペースの無駄になります。
そのため、フリーアドレスなどのスペースに変更することで有効活用することができます。
無線LANの設定は必須ですが、どこでも仕事ができるため簡単な打ち合わせなどもその場で行う事ができるのです。
オフィスデザインで一番重要な要素になっています。
次に保管スペースです。
書類などは電子化が進んでいます。
そのため専用の書類保管庫などを設ける必要性はなくなっています。
また、一時的に保管することもできますが、倉庫の契約などを行いアーカイブの保管を行う事も可能です。
コスト的にはこの方が安くなるのです。
そして最後に会議スペースです。
会議室は需要と供給がマッチしていないとストレスになります。
そのため簡単な打ち合わせスペースを設けるとともに会議室は数を減らし、間仕切りして利用できるようなフレキシブルに対応できるスペースにすることが望ましいのです。
オフィスデザインはアイデア次第なのです。